トップページ | 2002年2月 »

2002年1月19日 (土)

念願のADSL

Yahoobb 2002年10月25日、やっとADSLが使えるようになった。「ADSL]の項目で書いたように光収容だったため諦めていたが実際はメタル線が残っていればそれを使ってADSLができたらしい。ただ工事費用が8100円がかかる。

今回、この8100円をプロバイダが負担するという願ってもないチャンスだったので申し込んだ。同時にISDNをアナログに回線切り替えの必要があり、これも同時に申し込んだ。もしADSLが可能な判断になるとADSL工事と回線切り替えを同日工事にすると1850円の費用負担がなくなる。

回線速度だけど、8Mコースで実測値は384Kだった(汗)それでもISDNに比較して6倍だから良しとしよう。それに電話がIP電話になったので、全国どこにかけても7.5円/3分だから安い。さらに同じプロバイダを使用している相手に電話すると0円だ。

前ISPとの費用比較表(月額)

項目ADSLINS64
電話基本料 1,750 2,830
Flet's ISDN - 2,520
ADSLサービス 990 -
ISP料金 1,290 2,000
ADSLモデムレンタル 690 -
NTT回線使用料 173 -
合計 4,893 7,350
差額 2,457  
通話料(3分) 7.5(全国) 8.5(市内)
実効回線速度(下り) 384kbps 62kbps

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月18日 (金)

換算表(その2)

さてさて、みなさん車を運転されるでしょう。まだ事故を経験されていない方も多い事でしょう。しかし、もし事故を起こしたときどのくらいの衝撃なのか知っておくと、その恐ろしさに安全運転に気を付けられるに違いないです。

ある速度でびくともしない壁に衝突したときの擬似体験をしてもらいます。同じ質量で同じ速度の車と正面衝突したときも同じ事です。では疑似体験とはどういうことかというと、ある高さから落ちたときの衝撃を想像してもらいます。

速度(km/h) 落下開始の高さ(m) 階に換算 地面に衝突するまでの時間(秒)
10 0.4   0.28
20 1.6   0.57
30 3.5 2 0.85
40 6.3 3 1.13
50 9.8 4 1.42
60 14.2 5 1.70
70 19.3 6 1.98
80 25.2 8 2.27
90 31.9 10 2.55
100 39.4 12 2.89

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月17日 (木)

携帯のカメラ性能

Digicam3 携帯電話にカメラ付きがでて人気が高い。私もカメラ付きを手に入れた。会社では私が5人目となる。(2002年8月)

一人はJ-Phoneの写メール。残りの4人はDoCoMoのi-shot。内訳はSH251iが二人、D251i、F251iがそれぞれ一人である。

自分のカメラが他社のカメラに較べてどうなのか非常に気になるところである。それぞれ特徴があるので一概に良し悪しの判断はできない。早速、3人が集まって同じ条件での撮影をしてみた。

D251i

  1. 暗い所でも撮影可能なライト付き
  2. i-ShotのS,L以外の大サイズ撮影可能
  3. 画像の加工が多機能
  4. メモリーカードに記録できPCとデータ交換容易

F251i

  1. 写真の記録枚数が1000枚(S)と多い
  2. ライトは無いが高感度カメラ
  3. Sの画像サイズが大きい

SH251i

  1. 暗い所でも撮影可能なライト付き
  2. 画像サイズはS,Lの他に待ち受け用サイズあり

大体以上のような特徴がある。高スペックのDが有利かと思われたが、画像を見ると「暗い」。Fは明るく撮れるので綺麗に見えるが、SHが最も自然な感じがする。

参考のため、普通のデジカメで撮影したものを掲載する。640x480画素でストロボなしで撮影したものを一部を抜き取ったもの。

上が加工なし。下は加工あり。
(蛍光灯の下でホワイトバランス調整なしで、かつデスクマットが緑色で反射光があり「カブリ」出たため自然な色に加工)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月16日 (水)

換算表(その1)

台風の季節ですねぇ。風が強くていやだね。セットした髪はぐしゃぐしゃ、傘はひっくり返るし。天気予報の台風情報で「30メートルの風」とか言っているけど、ぱっと想像つかないよね。

でも、みんなは車には乗るので時速何キロの時の風の強さかわかるとイメージし易いかもね。所定の速度にし、窓をちょっと開けて手のひらを外に出してみるといつでも風の強さを体験できますヨ。でも制限速度は守ってね(笑)

風速(m/s) 時速(km/h)
3 11
5 18
10 36
15 54
20 72
25 90
30 108
40 144
50 180
60 216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月15日 (火)

電流と電圧

Denatsu 電流と電圧の違いがよく解らないって人が意外に多かったので簡単に説明します。

電気は目に見えないので水を使って説明したのが右の図です。

水を高い位置に置くと重力による位置エネルギーを持ちます。電気で言うとバッテリーに蓄電した状態です。

水門が閉じているので、このままでは流れは起こりませんが、流れようとするエネルギーは持っています。水なら水圧、電気なら電圧。高いほうがエネルギーも高いのです。

水門を開くと水は流れ出します。しかし管が細ければ流れは少なく、太ければ多量に流れます。管が細くても管の数が多ければ合計した水量は多くなります。

電気も抵抗値によって電流の大小が起こります。この抵抗が家電製品と考えてください。たくさんの家電製品を使い出すと、それぞれは少量の電流であっても合計すれば大量の電流が流れる事になります。あまりに大量の電流が流れると配線している導線自体が発熱を起こし火災の原因になるためブレーカーで遮断するという安全策が施されています。

ここで、電圧の単位はボルト(V)、電流の単位はアンペア(A)です。ついでに電力の単位はワット(W)で、電力=電圧X電流で計算する事ができます。日本では家庭に供給してる電圧は100ボルトですから、ワット数がわかれば流れる電流を計算するのは非常に簡単です。

電流(A)=電力(W)÷電圧(V)で求められ、電圧は100ボルトなので電力を100で割るだけです。

もし40ワットの蛍光灯であれば、0.4アンペアの電流が流れます。ホットプレート、アイロン、ドライヤーなど熱を発する家電製品は大量の電流が流れます。エアコンはコンプレッサに電力を消費するので大量の電流が流れます。通常の家庭では30アンペアでブレーカーが落ちますので概算しておけば突然の停電を防止できます。

【参考】
電圧を高くすると電気の流れようとするエネルギーも高くなり、スイッチを入れていなくても空気中を電気が流れてしまいます。これを空中放電といいます。空気は絶縁体といわれていますが、あまりにも高い電圧(エネルギー)に対しては導体になってしまいます。雷なんかは空中放電ですね。

冬の時期にセーターを脱いだり、車のドアノブでバチッとくるのも放電です。数千ボルトから数万ボルトの電圧が発生しています。死なないのは電流が非常に小さいためです。ご安心を(爆)

絶縁体といえども物質である以上、原子(分子)でできており、それぞれの原子には電子があるため電気は流れる要素はあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月14日 (月)

驚異の降雨量

Rainwater 降水確率で20%とか言っているが、1ミリ以上の雨の降る確率である。

ところで1ミリの雨が降ったときの重量を計算してみた。ちなみに1m立方の水の重さは1トン。つまり、1m四方に1ミリの雨は1000kg÷1000=1kgである。

意外と重量がある。これが1km四方の面積だと1000トンもの水が上空から降り注ぐことになる。

例えば東京23区の合計面積は621平方kmであるから、ここに1ミリの雨が降ると、約62万トンもの量になる。こんな大量の水分が空中に浮遊している事が不思議でならない。って思いませんか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月13日 (日)

自転車盗難

Tounansha 警察から電話があった。「お宅の盗難自転車が○○で見つかりました。引き取りに行ってください。場所は、△△町■■丁目■■番■■号です。」

早速、行ってきた。紛れもなく次男が乗っていた自転車であるが、変わり果てた状態に驚いた。

防犯登録のシールが削り取られ、フレームに錆がでていた(写真左上白枠内)。ライトも壊され、ベルは取れている。

我が家が自転車の盗難に遭ったのはこれが初めてではない。6回目である。その中には取り戻した自転車もある。というのも、盗まれたのがパス亭そばの歩道に置いてあるのを偶然車で通りかかったとき発見した。仕事中であったため、仕事が終わってからそのバス停へ向かった。勿論、犯人を突き止めるためである。

バス停から少し離れたところに車を止め、その中で張り込みをした。刑事になったような気分であったが、もし犯人が現れたらどんな対応をするか思案していた。

3時間ほど待っても犯人は現れなかった。仕方なく帰ることにした。車は妻に運転させ、私が自転車で帰った。

人の持ち物を盗る奴が許せん!それもきっと罪の意識なんかこれっぽちもないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月12日 (土)

落下事故

Rakka 以前、マンションから消火器が落下しての人身事故が起こっていた。もちろん、うちのマンションじゃないけど。

消火器のように重いものは5cm上から頭にぶつけても痛くてしょうがないのに、20m前後の高さから落ちてきたら命はない。

軽ければいいってものじゃない。実はうちのマンションの通路側の手すりにくつを干す住人が居る。手すりの上(幅10cm程度)にくつを2~3足置いている。落下防止の策はとられていない。

考えてみれば恐ろしい事である。くつの長さは25cmはあるから手すりからはみ出ていて、誰かがうっかり腕でも当てようものなら、落下する危険性は大きい。

偶然でも地上に誰かがいて当たれば頭蓋骨陥没は免れないだろう。その時は誰が責任を問われるのだろう。くつを置いた人?腕を当てた人? 私はどちらにもなりたくない。でもくつを干す住人に注意すべきだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月11日 (金)

エコラン

Dscf1484 夏は朝から暑くて仕方ない。すでに30℃を超えている。おまけに直射日光が容赦なく車内に差し込んでくる。

UVカット、熱線カットのガラスを使用した車ではあるけれど、日が当たる部分はやはり熱い。

ところが都合がいいことに都市高速道路が日傘の役目をしてくれる、通勤に使う道路の6~7割がこの都市高速の屋根の下になる。

何が都合がいいかって、ずっと日陰だから涼しい。もちろんエアコンは使わないと暑いけどエアコンはフル稼働にはならない。これは風量でわかる。コンプレッサーへの負担も軽いはずだ。

道のりは約10kmだけど渋滞するので所要時間は30~40分かかるけど、多少なりともガソリンの消費量は減っている。でもこの渋滞、なんとかしてくれ。無駄なガソリンがどれだけ消費されているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月10日 (木)

ホームネットワーク

Homenetwork 私の家のホームネットワーク環境を紹介する。ADSLを諦めざるを得なかったため、通信回線はISDNのまま。ただし、常時接続を可能にするフレッツに契約した。

インターネットへの接続はルータを介して行う。パソコン1、パソコン2のどちらからでも接続は可能だし、同時に接続することも可能。

しかし、遅い。ADSLに較べて25分の1以下だ。それを2台同時に使用すると50分の1になる。

パソコン同士はLANケーブルでルータ(ハブ)を介してLANを形成するため、お互いのリソースを共有している。つまり、パソコン1に接続した1台のプリンタを両方のパソコンから利用する事が可能だったり、フロッピー、ハードディスク、CDを共有する。しかし、イメージ・スキャナは共有できていない。

電話機は2台接続している。インターネットを使用していない時は同時に2台の電話機が使用できる。しかし、2台同時に使用することはめったにない。

一度、ルータが故障したことがある。設定を変更したらルータの動作が停止してしまったのだ。インターネットへの接続はもちろん、電話機も使用できなくなった。大焦り。とりあえずターミナルアダプタ(TA)に交換してインターネットへの接続と電話機の使用は可能になったものの、やっぱり不便だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月 9日 (水)

ネット友達

訳あってインターネットを彷徨っていたら、某チャットルームにたどり着いた。そこでは活発に意見が交わされ、目からうろこ。私も少し発言してみた。今では数人の心開ける仲間ができた。

普通はネットで会話するなんて「暗い」とか「オタク」のイメージが付き纏っている。それで知人に理由を聞いてみた。「だってコンピュータに向かってキーボードをカチャカチャやって話すんだろ!そりゃ暗いさ」

どうやら、この人は私がコンピュータと話をしていると思っているようだ。本当はその向こうにいる「人」と話をしているのに、格好だけで判断しているように思えた。それなら電話は?受話器に話をしているのか?電話という道具を使って「人」と会話をしているよね。

10年前にも実はチャットに夢中になっていた時期があった。ただし当時の電話は定額の料金体系がなかったため恐ろしく電話代がかかっていた。プロバイダも従量制であったため1ヶ月の合計の支払額が数万になることもあり、妻の勧め(怒り)で次第にしなくなった。

話は現状にもどるが、仲間の性別とおよその年齢は解っているが、顔や実名や住所は解らない。ただし都道府県名くらいは解っている。それでも会話が弾む。ずっと前からの友達だったかの様に。毎日顔を会わせる人よりもかえって話しやすい。こんな仲間もあり!大事にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月 7日 (月)

霊能力

「あなたの後ろに背後霊がいます。見えないでしょうけど、私には見えるんです。」
仕事でお客様と接する機会が多いが、こんなことを言われた事は初めてのこと。女子事務員の方だけど、冗談で言っているようには思えない。

実は私は「霊」の存在を認めていない。人間を含め生物は元素でできているから、死ねば何もない。魂とは脳の精神活動の状態であり、物質ではないと思っている。だから死ねば脳の活動が停止し魂も消失する。

「見える」ということは、その物が発光物でない場合は光が反射し、その反射光の一部が眼球の網膜にあたる。そして信号が脳に伝わり認識される。ここで、反射するということは物質が存在するということに他ならない。霊は物質?どんな元素でできているのだろうか。

霊が発光物とすれば、そこからはエネルギーを発しているわけだから、そのエネルギーはどこから得ているのだろうか。

物が見えるというのは脳が物として知覚する事である。だから実際に目から情報が入ってこなくてもモノを知覚することができる。夢がそのいい例だと思う。何を言いたいかというと、霊視は脳の視覚野に特別な能力によりありもしないモノを知覚させ得る能力だと思う事だ。

しかしながら理屈では解っていても、気持ちは動揺していた。え゛~、どこですか?ここ?って指差しながら背後霊の居場所をこの女性に聞いていた。ここでの仕事を終え会社に戻る時も「交通事故で死んだりしないよなぁ?」っていつもより慎重な運転をした。私って弱い?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月 6日 (日)

日没

Shu0 デジカメを購入して色々なものを撮影しているが、秋分の日にふと興味が湧いたことがあり撮影してみた。それは太陽の日没位置が一日でどれくらい違うのか知りたいと思ったことである。撮影してみてわかったことだが、意外と差が大きい事で驚いてしまった。一年の中で春分の日と秋分の日が最も差が大きいだろう事はなんとなくわかっていたが、こんなにとは。

Shu00_1 2001年9月23日の日没(秋分の日)

Shu10 2001年9月24日の日没(秋分の日の翌日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月 5日 (土)

CVT

車を購入する際に目的を決めている。ちなみに私はHONDA車ばかり乗り継いでいる。

車名 排気量 目的
ACCORD Hatchback 1.6 車を手に入れること[中古]
ACCORD Saloon 1.8 クルーズコントロール[新]
DOMANI 1.6 安全性(エアバッグ)[新]
CIVIC iE 1.5 CVT(燃費)[新]

今回(2000年11月)の目的はCVT。富士重工が出した時に乗りたいと思ったが、ホンダはまだ出していなかった。出した時には私の車(DOMANI)は元気で買い替えの時期ではなかったのだ。

CVTとは変速機の種類で、無段変速機のこと。MT(マニュアル)やAT(オートマ)は歯車を使用しているため必ず4段変速とか5段変速のように有段になる。ATは段と段の間をトルコンがある程度カバーするので段を感じにくい。

CVTの仕組みを詳しく書く事はできないけど、歯車の代わりにプーリーをベルトでつないだもので、ただプーリーの幅を変える事によりベルトがかかる直径が変わる事で変速を行う。プーリーの幅が滑らかに変わるので無段(無限段)となっている。ただしパワーのある車にはベルトは不向きで、トロイダルといわれるこまを使用している。

特徴は加速が滑らかなことと、エンジンに無駄な負担がかからないので燃費が向上する事。ちなみに、カタログ上の燃費だが、19.6km/lである。加速時にタコメータとスピードメータを見ていると面白い。アクセルを軽く踏むと、回転数がすぐに2000回転ほどに上がり、あとは一定になったままスピードメーターの針だけがぐんぐんあがる。CVTは変速をしているが、全く感じない。

ATにはトルコンによるすべりが発生する。トルコンに流体(オイル)を使用しているので仕方のないことで、これを防止するためにロックアップ機構を有し、変速が不要な領域での走行時はロックアップを自動でおこないスリップロスをなくしている。ところがCVTはトルコンが無いのでスリップはない。つまり常時ロックアップ状態である。MTも常時ロックアップ。つまり、CVTはATとMTのいいとこどりで、更に変速ショックが無い、燃費が良いといういい事尽くめなのだよ。

とても満足している。

Daccordhb ACCORD Hatchback

Daccordgx ACCORD Saloon GX

Ddomani DOMANI Vi

Dcivic_1 CIVIC iE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月 4日 (金)

子猫

Koneko 会社の敷地に猫が棲みつくようになり、2匹、3匹と増えた。時期は春で鳴き声もさかりがついた煩く気になる鳴き方になった。

その後、子猫4匹の面倒をみる母猫がいることに気が付いた。4匹のうち1匹は先天的に障害があり、立って歩くことができずお乳も十分に飲めないので他の3匹に較べ痩せて小さく可哀想だった。

見かねた社員が自腹で動物病院に連れて行ったが治療に長期間必要で、治る保証はないらしい。

母猫は障害のあるこの子猫に献身的だった。身体中をなめてきれいしたり、動けないので抱き寄せてお乳を飲ませたり、みているこちらが心を打たれ目頭が熱くなってしまった。

他の元気だった子猫がいなくなり3匹となった。恐らく犬に襲われたのだろう。障害の子猫は無事だった。

Ochichi ところが鳴き声と臭いで近隣から苦情がくるようになり、対応策として猫が住み着けないように柵をつけた。しばらくして猫の親子の姿はなくなっていた。

子猫たちはたくましく育っているのかな。これらの写真を見る度に思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月 3日 (木)

家事

以前から妻が疲れていたり風邪をひいた時は家事を負担していた。でも毎日じゃない。1ヶ月にあるかないか。ここでいう家事は夕食後の食器洗いを指している。

でも2001年9月、妻が「疲れた」とぽつんといい、「男は土日の仕事が無い日は本当に休めるけど、女は土日がない。毎日毎日、掃除、洗濯、炊事、後片付けと同じ事の繰り返し」。かなり様子が変。「自分のしたい事をしたい」

ちなみに妻もフルタイム正社員で働いている。労働条件としては私と同じ。違うとすれば給与所得が私より少ないけど、これは能力の問題ではなく、男か女かの違い。日本の多くの会社はそんな状態。

私も妻の言い分に全く反論の余地はなく、家事を分担する提案をした。子どもたちにも家族の一員として仕事を与えた。私は風呂掃除と夕食後の食器洗い。長男は洗濯物の取り込みと、それを綺麗にたたんでタンスへ入れること。次男は夕食の用意(料理)を週2回。それ以外を妻という事になり、かなり負担は減ったようだ。

それから半年、子どもたちはいつのまにか手伝わなくなり、私は続いている。最初の2ヶ月、食器洗いは辛かった。仕事で疲れて帰ってきているのに何でこんな事しなければならない?と思いながらやっていた。でもよくよく考えれば妻も同じ事だったと思う。自分はまだ2ヶ月しかしていないのに不満たらたら。妻は何年もやってきていたんだと思うと私は自己中かな?

今は辛いとは思わなくなった。たまに妻が食器洗いをしてくれる時があるが、何だか悪いなぁって思ったりする自分がいる。世の夫たちよ、たまには妻をいたわってあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月 2日 (水)

ADSL

まったく。

インターネットが速くなるとテレビでガンガンCMをやっていた。そう「64(ロクヨン)、64(ロクヨン)、128(イチニッパ)」のNTTのCM。当時はパソコン通信が4割、インターネットが6割で使っていて、電話を使いたい時に使えないと家族からのクレームもありISDNを検討し導入する事にした。2000年6月のこと。当時ADSLという言葉は知らなかった。

会社でADSLが使えるようになり、速い!安い!と感動。自宅もADSLにしたいと思ったけどアナログに戻さなければならない。一体何のためのISDNだったのだろうかと思った。

Yahoo!BBが低価格でADSLのサービスを始め友人が申し込み、結構使えると言ったので私も申し込みを2001年11月中旬にした。「受付受領」のメールももらったけど、その後Yahoo!BBからは4週間も何の連絡もない状態。他の友人は数日でADSLモデムが送ってきたのに、何で?ISDNが邪魔しているのか?頭に来てYahoo!BBをキャンセルした。

2002年02月、現在使用しているプロバイダを通じてADSLの申し込みをした。03月になったけど「受付受領」のメールは来ていない。ったく!

2002年03月08日にNTTから電話があり、「お宅までの回線は途中に光ケーブルが使用されているのでADSLは使用できません」だって。え゛~っ!仕方なくフレッツISDNの申し込みをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年1月 1日 (火)

パソコン

Fm8set パソコンとの付き合いは8ビットのFM-8から始まった。購入したのは1981年12月。本体価格218,000円、12インチカラーディスプレイは188,000円だった。当時の私の半年分の給与の手取額に相当し、苦しい財政状況だったなぁ(笑) この金額は今なら比較にならないほど高機能なパソコンが数台購入できる。

その後も周辺機器を追加購入した。80桁プリンタ158,000円。漢字はグラフィックとしてしか印刷できなかった。5インチFDドライブ168,000円。2ドライブ構成だったけど、フロッピーの容量は2Dなので一枚あたり320KBしかない。でも、カセットテープの使いづらさに較べれば天国そのもの。

Pc9801rx 80年代も終りごろ、パソコンでのソフト開発が私の仕事となり、それは殆どNECのPC-9800シリーズがターゲットだった。ちょうどその頃「テトリス」が流行り、昼休み時間はそればかりやっていた時期があり、自宅でも遊びたくてパソコンを買った。PC-9801RXで価格は328,000円。ディスプレーはいくらだったか忘れた。外付けの80MBハードディスク(ICM)も購入しました。多分15万円くらいだったと思う。

ノートパソコンが流行ればPC-9801NS/E(24万円)を購入。ところがDOS/V機が勢力を広げ、仕事もDOS/Vでなければパソコンでない状況になり、私もDOS/V機が欲しくなり、購入を検討。しかしWindows3.1はイマイチ使いづらかったのでWindows95が出るのを待ってからパソコンを買うことにした。買ったのは富士通DESK-POWER S20で当時最速のPentiumの200MHz。

1999年、S20のマザーボードが私のちょっとした不注意で昇天し、パソコンを購入する費用を削減するため、自作機に挑戦することにした。今もその自作機を使っている。

Spec.
CPU : Intel celeron400MHz
Chipset : Intel 810E
Memory : 128MB

ゲームはしないのでこの性能でも殆ど問題ないけど、会社ではPentium II/750MHzを使っているので較べると遅く感じる。そろそろCPUをアップグレードするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2002年2月 »