« エコラン | トップページ | 自転車盗難 »

2002年1月12日 (土)

落下事故

Rakka 以前、マンションから消火器が落下しての人身事故が起こっていた。もちろん、うちのマンションじゃないけど。

消火器のように重いものは5cm上から頭にぶつけても痛くてしょうがないのに、20m前後の高さから落ちてきたら命はない。

軽ければいいってものじゃない。実はうちのマンションの通路側の手すりにくつを干す住人が居る。手すりの上(幅10cm程度)にくつを2~3足置いている。落下防止の策はとられていない。

考えてみれば恐ろしい事である。くつの長さは25cmはあるから手すりからはみ出ていて、誰かがうっかり腕でも当てようものなら、落下する危険性は大きい。

偶然でも地上に誰かがいて当たれば頭蓋骨陥没は免れないだろう。その時は誰が責任を問われるのだろう。くつを置いた人?腕を当てた人? 私はどちらにもなりたくない。でもくつを干す住人に注意すべきだろうか?

|

« エコラン | トップページ | 自転車盗難 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7499/876423

この記事へのトラックバック一覧です: 落下事故:

« エコラン | トップページ | 自転車盗難 »