« ADSL | トップページ | 子猫 »

2002年1月 3日 (木)

家事

以前から妻が疲れていたり風邪をひいた時は家事を負担していた。でも毎日じゃない。1ヶ月にあるかないか。ここでいう家事は夕食後の食器洗いを指している。

でも2001年9月、妻が「疲れた」とぽつんといい、「男は土日の仕事が無い日は本当に休めるけど、女は土日がない。毎日毎日、掃除、洗濯、炊事、後片付けと同じ事の繰り返し」。かなり様子が変。「自分のしたい事をしたい」

ちなみに妻もフルタイム正社員で働いている。労働条件としては私と同じ。違うとすれば給与所得が私より少ないけど、これは能力の問題ではなく、男か女かの違い。日本の多くの会社はそんな状態。

私も妻の言い分に全く反論の余地はなく、家事を分担する提案をした。子どもたちにも家族の一員として仕事を与えた。私は風呂掃除と夕食後の食器洗い。長男は洗濯物の取り込みと、それを綺麗にたたんでタンスへ入れること。次男は夕食の用意(料理)を週2回。それ以外を妻という事になり、かなり負担は減ったようだ。

それから半年、子どもたちはいつのまにか手伝わなくなり、私は続いている。最初の2ヶ月、食器洗いは辛かった。仕事で疲れて帰ってきているのに何でこんな事しなければならない?と思いながらやっていた。でもよくよく考えれば妻も同じ事だったと思う。自分はまだ2ヶ月しかしていないのに不満たらたら。妻は何年もやってきていたんだと思うと私は自己中かな?

今は辛いとは思わなくなった。たまに妻が食器洗いをしてくれる時があるが、何だか悪いなぁって思ったりする自分がいる。世の夫たちよ、たまには妻をいたわってあげよう。

|

« ADSL | トップページ | 子猫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7499/869321

この記事へのトラックバック一覧です: 家事:

« ADSL | トップページ | 子猫 »