« 2003年2月 | トップページ | 2003年4月 »

2003年3月22日 (土)

携帯電話(禁煙55日目)

中学を卒業し今年の春から県立高校の高校生になる次男に携帯電話を買い与えた。私にしてみれば「渋々」だが本人には「やっと」なのだ。中学3年生の夏休みころから携帯電話を買って欲しいとうるさく言い始め、私は「高校生になったら買ってやる」と言い続けた。「頑固おやじ!」と私にたてつき何度か息子と喧嘩もした。
しかしこれは私のポリシー、本当のことを言えば学生に携帯電話など不要と思っている。百歩譲って義務教育が終わったら持ってもいいと譲歩している。

買った携帯電話はauのA5303Hで「ガク割」コース。ガク割だと基本料と通話料が半額だから安いけど、肝心のメールの料金に割引がない。それでも長男のdocomoのプランMに較べると安い。長男にauの「ガク割」に変更しないか?って聞いたら嫌だと言いやがった。面倒らしい。

auショップで手続きをし約45分後に電話機を手渡された。その時点から通話は可能でメールはあと1時間後から使用可能になるらしい。それにしても通話が契約後1時間以内に可能になるのだ。

むかしむかし、私が小学生の頃、電話は自宅にありませんでした(爆)。隣にはあって呼び出しだったのです。書類にも電話番号の欄に(自宅・呼び出し)ってのが当然のようにあった時代。お隣には迷惑をかけた事でしょう。これじゃダメだってわけで私の親は電電公社に電話の申込をしたのだけれども、工事待ち状態で1~2年ほど待たされたような記憶がある。(当時中学生になっていたがうろ覚え)

そしてやっと設置された電話は黒くて重たいダイヤル式の電話機。今の子供はダイヤル式電話機を扱えないらしい。その子達は、数字の穴をプッシュみたいに押すだけなので当然電話はかからない。ウソみたいな本当の話。

やっぱり時代だろうね。今は一人一人が電話機を持ち、それも携帯できる。きっといい時代なのだろう。でも何か人びとが安直になったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年3月12日 (水)

迷い(禁煙45日目)

今日は大学の合格通知がきていたようだ。でも息子の声に喜びがない。訳を聞いてみるとその大学には行きたくないようなことを言い出した。
浪人するのもよいが、なぜ行きたくないか理由をはっきりして次の行動への動機にしなければ単なる感情での我侭である。本当に行きたい大学は高嶺の花のようだし、一体大学へ何しに行くのかその辺から十分に考えてもらわないとだめだな。
こんな不況の中、大学名という「ブランド」はあまり意味を持たなくなってきている。自分で目標を定め自分で道を切り開くそんな能力が求められている。

息子に考えを訊ねても返って来ない。これじゃあ浪人しても今以上の大学へ合格する事はムリだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年3月 4日 (火)

筋肉痛(禁煙37日目)

まさかとは思った。普段からトレーニングしている私に凝りが起こるなんて・・・登山で使う脚の筋肉はトレーニングや通常生活とは全く異なることに気が付いた。いまだに筋肉痛が取れず、歩行に支障を来たす(笑)ほどだ。

場所は、ひらめ筋でハムストリングともいう筋肉。アキレス腱とふくらはぎの間にあり、ややふくらはぎ寄り。階段を下りるときに強い筋肉痛を感じる。
次に大腿二頭筋。太ももの前の部分で、丁度ひざの上辺りが痛みが強い。

今度の日曜日、天気がよければ再挑戦だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年3月 2日 (日)

やばい

風呂から上がり体重計にのったら、
な、な、なんと
85kgも
あるじゃーないか。
 あるじゃーないか。
  あるじゃーないか。
   あるじゃーないか。
    あるじゃーないか。
     あるじゃーないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登山(禁煙35日目)

今日は天気がよい。念願の宝満山に登った。予定は40分を切る時間で頂上に達する事であったが、結果は43分だった。でもまあまあの成績だ。休憩は殆どしていない。何合目であるかを書いているのを写真に収めながら登ったくらいだ。言い訳をするなら、年配の方に道をふさがれて追い越しづらく時間が無駄になったとでも言うしかないなぁ(笑)。どっちにしろ途中で心臓がバクバク状態になりつつあったのでペースダウンはしたからなぁ。ムリはよくない。

どの辺だったか、防寒用のジャンパーを脱いだ。汗が出始めたからだ。そして9合目辺りになると、吐く息は白く、身体からは上着を通して湯気が出ていた。830メートルの頂上についたらやはり爽やかな達成感に包まれた。頂上はとても狭い。一休みして記念写真を撮った。

15分程頂上でくつろぎ下山した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年3月 1日 (土)

映画鑑賞

妻と二人で「戦場のピアニスト」を見にいった。21:20~24:00のレイトショー。
何と言い表したらいいのか・・・気分が重い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式(禁煙34日目)

長男Kの高校の卒業式だった。本人は東京で受験のため欠席。代わりにといっては何だが、妻と二人で式に出席した。3年前の入学式には私が出席しており時間の経つのが早いと感じざるを得ない。

息子が県立高校を失敗して私立になったとき、私は頑張って大学受験で取り戻せと叱咤激励した。だけど強い意志を3年間持ち続けることはできず、すぐに楽な方向に走り始めた。今、大学受験をし、現時点で連敗をしている。今ごろになって勉強していなかった事に後悔しているようである。

勉強ができる、できない。あるいは勉強をやる、やらない。その結果どんな道に進もうと、それは本人の実力によって導かれたもの。本人でない親がどうこう言っても仕方のないことである。

講堂での式が終わって教室に入り、担任が一人一人に卒業証書を配ってくれた。もちろん我が子はいない。しかし、ここにいる高校生は18歳なのにTPOがわからないようだ。おしゃべりをする子、証書を片手で受け取る子、名前を呼ばれても返事もせず、一礼もできない。情けないものだ。我が子もきっと例に漏れないに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年2月 | トップページ | 2003年4月 »