« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月22日 (日)

MSDE2000

午前中は一週間分の食料の買出しへ。
午後からはデータベース管理ソフトの SQL-Server 2000 Desktop EngineであるMSDE2000をダウンロードしてインストールした。しかしログインできない(涙)これができないとデータベースが作成できない・・・

えーい、くやしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月20日 (金)

腕時計

腕時計の日付と曜日を見た。[金][13]を表示したまま変わっていない。
故障しているようだ。でもなぜこの曜日と日付で止まる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月18日 (水)

鳩よけ対策をしたのに最近は図々しい鳩になってしまって
堂々とバルコニーを歩いている。あのとぼけた顔を見ていると
腹が立つ。

ニュースで鳥インフルエンザが流行っていて鳥を使ったショー
なども中止になったときく。うちに来ている鳩は大丈夫かなぁ~
インフルエンザを持っていないか?BSEの牛とちがって鳥の
場合は渡り鳥とか自由に行き来できるので感染防止も難しいと
聞く。

もし私が鳥インフルエンザで死んだらだれが責任とってくれるんじゃ
マンションのオーナー?管理会社?行政機関?

牛や鶏は万という単位で処分されているのに、鳩を捕まえて処分すると
罰せられるんだよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月17日 (火)

自転車の調子が悪い

昨日からタイヤ交換した自転車に乗っているのだけど、ペダルが滑る。漕いでもパワーが後輪に伝わっていない。なぜだ??推測するに変速機の内部ですべりが発生していると思われる。内装の変速機の調整が上手くいっていないと思う。今度の休みに調整してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月15日 (日)

自転車屋さん

自転車のパンク修理は2回ほどやったことがある。最初は要領を得ず深爪をして血を流した。2度目は手際もよくなった。今日はタイヤの交換を行った。といってもタイヤとチューブの新品を買ってきたのじゃなく、使い古しの自転車のタイヤを利用することにした。つまりタイヤを外して目的の自転車へ取り付ける。

犠牲となる自転車のタイヤは前輪だから簡単に外せたが、生き延びる自転車は後輪のためとても面倒。何が面倒かってチェーンがついているしブレーキもある。それにディレイラー(内装3段変速機)もついているので取り外すのに手間がかかる。

それでも何とかタイヤとチューブを取り替えたが、変速機の調整が難しかった。これに時間をとられてしまった。それとバラすのは簡単だけど組み立ては図面がないから記憶に頼るしかない。でも年老いたこのボケ頭は物忘れを得意とする。ここで思いついたのがデジカメだった。事前に撮影しておけば組み立てるときに見れば何とかなると思った。

だけどそれは無駄だった。そのデジカメはマクロモードがついていないのに接近して撮影したためボケボケ。何たることだ。記憶をすっかりデジカメに頼っていたので真剣に覚えていなかった(涙)でも何とかなるもんだ。組み立て後、ねじも余らなかったし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月14日 (土)

春一番

今日は仕事。自転車が使えないから妻に車で送ってもらった。

風が強い。砂埃がまう。旗がたなびく。バケツが転がっていく・・・・
埃っぽいと思ったらどうやら中国の黄河から砂が飛んできていると
いう。いわゆる「黄砂」です(笑)雨も少し降ったので車にしっかり
黄砂がつき、どの車もよごれがひどい。特にガラス窓は目に付く。

夕方あたりから気温がぐんぐん下がり始め寒くなってきた。風は
相変わらず強い。20時近くになったので妻に迎えにきてもらうことに
した。

そろそろ到着する時刻になったので会社の外で待っていたがなかなか
こない。寒くて仕方がなかった。すると携帯に妻から電話があった。
「私、道に迷ったみたい。近くにローソンが見える」
あのなぁ、ローソンはどこにでもあるだろう・・・
もしかしたら会社を見つけることができないかもしれないと思った。
「とにかく探してみる。ブチッ」

待つこと10分。妻がきた。あ~よかった。
(今日がバレンタインデーであることをすっかり忘れていた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月13日 (金)

パンク

朝、自転車で通勤途中自転車がガタガタし始めた。やばい、パンクだ。会社まで残り5キロはある。これだと歩いても一時間近くかかるが40分しかない。なんと運の悪いことか!

近くに誰か車で通勤する社員はいないか必死で思い出した。いた!あの女子社員。だけど運転が上手くない。ちょっと怖いけど遅刻よりましだ。さっそく彼女の携帯に電話した。しかし既に家を出ていた。無理言って引き返してもらい乗せてもらった。おかげで遅刻を免れた。

このお返しは高くつきそうだ。今日のお昼をおごると言ったけど、ディナーがいいとねだられた。

ああ、今日は13日の金曜日だった・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月12日 (木)

久々・・・

すみません、ご無沙汰です。私は元気でやっています。
私の稼業は年度末が忙しいのです。新年度(4月)から
新システムで業務をしたいというお客様が多いので
2~3月はフル回転状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月11日 (水)

ウェブ・サーバーソフト

日曜にWindows2000をインストールしたFMV6233をウェブサーバーにするためにサーバーソフトであるInternet Infomation Service Version5(IIS)というソフトをインストールした。これでこのパソコンもウェブサーバーとして活躍できる。だけどADSLの回線速度が遅いのでどれだけパフォーマンスがでるものか・・・

それにサーバーとなると常時稼動するのが当然だけどそれだと電気代がかかる。残念ながら常時稼動は断念する。

IISを使えることでプログラム(ASP)を動作させたりデータベースと連動できたりするのでアクティブなページが作成できる。とっても楽しみ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 8日 (日)

お古のPC

5年以上前に導入したPCが廃棄処分になる。うちにあるPCよりも性能がいい。そのPCはPentium2で233MHz、うちのはPentiumの133MHz。早速交換した。

持ち帰ったPCにはWindows2000を与える事にした。ディスクをフォーマットしてWindows2000をインストール。このOSのインストールはとても簡単だ。Windows98に比べてもとても楽でよい。これでWindows2000のマシンは2台になるしLANで接続することになる。

実はもう一台手に入れた。それはPentiumの200MHzの小型のPC。大学生の息子に与えようと思っていた。CPUのパワーに見合うOSとしてWindows98 Second Editionに決定し、インストールを始めたがなんとCDが故障で使用できないことが判明した。ハードディスクを外し、自作機のセカンダリとして接続しCDをそのHDDにコピーして再び外し元のPentium200のマシンでWindows98SEをインストール。無事インストールできたが、よく考えてみれば今後インストールしたいソフトがCDがこんな調子ならインストールできない。だからこの機械はあきらめた。メモリ(64MB)だけはもらっておこう。そしてWindows2000のマシンでそのメモリは生き続ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 4日 (水)

懸賞

妻が出していたクイズの懸賞が当たり、映画のチケット(飲み物、ポップコーン付き)がペアで送ってきた。金額にしたら4000円程度であるけど、妻は大喜び。はしゃいでます。可愛いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 3日 (火)

ふ~

疲れた・・・眠い・・・・今日は寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 2日 (月)

今日の朝礼は大成功

朝礼当番が3ヶ月に一度回ってくる。みんなの前に出てラジオ体操の模範と唱和の号令をかける。大した人数もいないし時間も短いのだが、私はこの時間が一番苦手。途中で脈拍が恐らく150以上になってしまい、自分を失う。昨年の8月以降がそうであった。

会議の司会やセミナーの講師をするときはどうもないのに、この朝礼当番だけは???なのだ。ところが今日は「ラピノーゲン」という薬を一時間前に1錠服用してこの当番に臨んだ。いやあ、不思議不思議。からだの奥から緊張の波が湧くのだけどすぐにおさまり、その安心感で緊張そのものが抑えられてしまった。このすばらしい薬に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 1日 (日)

自動車学校

長男がこの春休みを利用して自動車学校に通う。費用は親である私が払うことになっている。補習なしで免許取得してくれ。頼む!

自分も大学生の1年の春休みに自動車学校に通い免許を取得した。一度も補習をせずにストレートの最短日数で免許を手にしたが学校が始まるのにぎりぎりだったような憶えがある。

当時、車に乗る前に自分の車は雑巾で拭き掃除をしなければならなかった。雑巾はトランクに紐が張ってありそれに掛けてあった。そして、あの厳しかった教官の顔も思い出される。寒い朝、ブレーキが凄く利くのだけど細かなペダルコントロールなんかできないので急ブレーキになることがあり、教官の頭が前後に揺れる。その度ににらみつけられ、叱られたものだ。その教官はおっさんだったけど、茶道か華道の師範免許を持っているようなことを話していたなぁ。

息子よ、車は便利だけど人の命を奪うことがある。大きな責任があることを肝に銘じて運転を学んでくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »