« 懸賞 | トップページ | ウェブ・サーバーソフト »

2004年2月 8日 (日)

お古のPC

5年以上前に導入したPCが廃棄処分になる。うちにあるPCよりも性能がいい。そのPCはPentium2で233MHz、うちのはPentiumの133MHz。早速交換した。

持ち帰ったPCにはWindows2000を与える事にした。ディスクをフォーマットしてWindows2000をインストール。このOSのインストールはとても簡単だ。Windows98に比べてもとても楽でよい。これでWindows2000のマシンは2台になるしLANで接続することになる。

実はもう一台手に入れた。それはPentiumの200MHzの小型のPC。大学生の息子に与えようと思っていた。CPUのパワーに見合うOSとしてWindows98 Second Editionに決定し、インストールを始めたがなんとCDが故障で使用できないことが判明した。ハードディスクを外し、自作機のセカンダリとして接続しCDをそのHDDにコピーして再び外し元のPentium200のマシンでWindows98SEをインストール。無事インストールできたが、よく考えてみれば今後インストールしたいソフトがCDがこんな調子ならインストールできない。だからこの機械はあきらめた。メモリ(64MB)だけはもらっておこう。そしてWindows2000のマシンでそのメモリは生き続ける。

|

« 懸賞 | トップページ | ウェブ・サーバーソフト »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7499/913157

この記事へのトラックバック一覧です: お古のPC:

« 懸賞 | トップページ | ウェブ・サーバーソフト »