« リベンジ ザ・シュークリーム | トップページ | 紅葉 »

2004年11月23日 (火)

結露防止

Dscf3208 毎年冬になると悩まされる結露。ガラスの表面で水滴となりそれらが集まって大きな水滴に成長し重さに耐えられなくなるとガラス面を滑り落ちる。板張りは水滴でいつも湿っていて黒いカビまで生えている。もちろん表面のワックスなんかは消え去っている。一番酷いのはアルミサッシのフレーム。それも上側のレール部分。ここからは雨しずくと同じように落ちてくる。

何とかしたいと毎年思っていたけど何もできなかったが、今年は妙案が浮かんだ。プチプチを使って断熱してやればいいと思った。そもそも結露は飽和点が温度により変化することにあり、高温多湿の空気は冷たいガラスに触れると飽和してしまい、あふれた分だけ液体になる。夏に冷たい飲み物をガラスコップに注いだときの水滴とまったく同じ理由による。

断熱剤で最初に思いついたのは発泡スチロールだけど窓に張ると光が取り込めない。次にプチプチ。これは空気が断熱性をもつことに着目。セーターと同じ理由。プチプチ10メートルを近くのDIY店から買ってきて貼ってみた。採光については問題なし。外の景色はぼんやりだがなんとなく解る。とにかく今年は試験的にやるから景色は二の次。

効果だけれども、今年は暖冬のようでなかなか明確な効果は確認できないが、それでもアルミサッシ部分に水滴ができていてもガラス面はもちろんプチプチ表面にも水滴はついていない。今のところ良好のようだ。

|

« リベンジ ザ・シュークリーム | トップページ | 紅葉 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7499/915892

この記事へのトラックバック一覧です: 結露防止:

« リベンジ ザ・シュークリーム | トップページ | 紅葉 »