« トランジスタ・ラジオ | トップページ | パッション・フルーツ »

2006年8月29日 (火)

Touch And Go

26~27の土日にかけて再び沖縄に行ってきました。8月の沖縄はとても暑かったです。

帰りの飛行機でもう二度とないと思う旅客機によるタッチ・アンド・ゴーもどきを経験することができました。

Dscf0570 沖縄を16:30に離陸したときの天候は晴れ。九州に近づくにつれ雲が厚くなり、熊本の上空(と思う)では地上の風景は全く見えません。機体が小刻みに揺れてでこぼこ道を走るバスのようでした。

到着予定の17:15分頃には福岡上空ですが完全に雲の中で羽根も見えません。ゆれはすごく客室乗務員は機長の指示で座席に座らせられました。揺れのせいで乗り物酔いになり嘔吐するひとが何人いて、私の前の席の女性も座席ポケットの紙袋のお世話になっていました。

Dscf0571 そして地上が見え滑走路が近づいてきましたが、あいにく福岡は雷雨の状態。管制塔も見えます。滑走路の白線もすぐです。やっと着陸だと思ったら、エンジン全開で上昇を始めました。理由は着陸直前に風向きが変わったためらしいです。でもその時の客室乗務員のアナウンスはすごく間があり、安心させる理由を考えているように感じ、それがとても不安を募らせました。

あっという間に九州道の鳥栖ジャンクションの上空。それからUターンして壱岐の上空。さらにUターンし虹ノ松原の上空を通過しました。それから先は雲の中でどこを飛んでいるのか分かりませんでした。しばらく飛行しているうちに着陸態勢になり、とてもドキドキしていましたが2回目は横に流されながらも着陸ができほっとしました。

アメリカでは墜落事故が起こりましたが、私はこの飛行で墜落や背振山への衝突などが頭をよぎりました。しかしとても貴重な経験をすることができANAには感謝してます!!!×。

|

« トランジスタ・ラジオ | トップページ | パッション・フルーツ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです^^
私(家族4人とも)も香港からの帰りに経験したことがあります。

私は、燃料のことを心配しました。
こんなに余分に飛んでて燃料はもつのか?と。

まぁ、そんなにぎりぎりの燃料しか積んでないって訳ではないだろうけどね^^;

機長直々の説明はありましたがいろんなことが頭をよぎりました。

遺書を書くってほどではありませんでしたが(笑)

とにかく「機長さんがんばっておくれ~、あんたの腕の見せ所だよ~」状態でした。

もう2度とごめん・・・って思ったのですが「喉元すぎれば・・・」ってやつでして~^^;

あ、BMさんお見かけしました。
お元気でしたか?


投稿: キウイ | 2006年8月29日 (火) 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7499/3240118

この記事へのトラックバック一覧です: Touch And Go:

« トランジスタ・ラジオ | トップページ | パッション・フルーツ »