« ケータイ電話 | トップページ | ワンセグ »

2007年12月23日 (日)

メモリーに驚き

ケータイに内蔵するメモリーを購入した。microSDカードである。デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、地デジ録画、音楽データなどを考えるとケータイに装着可能な最大容量の2GBに決めた。

早速最寄の大型電器店に行き、目的のものを購入。4,500円だった。2GBだから安いに違いない。20年前は1MBが1万円だったから随分安くなったものだ。もし同じ比率ならば2GBで2,048万円になり、ちょっとした分譲マンションが買える。

Dscf0001 そして驚いたのがmicroSDカードの大きさです。なんでこんなに小さくできるの?10年後の電子機器がどうなるのか想像もつきません。

|

« ケータイ電話 | トップページ | ワンセグ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

あまりにもちっちゃくてなくしそう^^;

こういうものの進化ってすごいですね?
出はじめの携帯電話って、家の電話の子機みたいなでっかいので、電源とアンテナが内蔵されたボックスをかついでた当時のパート先の社長を思い出します。

そういう携帯電話だったころはまだまだ高嶺の花でしたね?

ほんとに一部の限られた人しかもってなかったもんね?

030、ではじまってましたよ(笑)

それから010っていうのも出てきて・・・

とにかくそんな頃、私も携帯を持ってるなんて想像もしませんでした。

今じゃあ、高齢の方もお孫さんとメール、っていう時代ですからね~。


投稿: キウイ | 2007年12月24日 (月) 18:17

マルサの女でそのショルダー電話?が出てました。携帯電話は自動車電話の進化形ときいています。移動体電話だけど本体が大きすぎて自動車に積んでいましたが、だんだん小さくなって肩に担げるようになりました。そしてとうとうポケットに入るサイズとなり、次は多機能に進化しています。

自動車電話頃は030で合計10桁でした。当時のPHSは050ではじまっていました。010が出てくるなど、10桁では不足してきて近々番号枯渇が叫ばれていました。いつだったか11桁に移行するときに携帯は090と080、PHSは070になりましたね。

ケータイを持っていなかったころは歩きながらケータイする姿を見て、何をカッコつけてんだ?そんなに忙しいのか?と思っていましたよ。

投稿: kana | 2007年12月24日 (月) 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7499/9541725

この記事へのトラックバック一覧です: メモリーに驚き:

« ケータイ電話 | トップページ | ワンセグ »