« Welcome 2008 | トップページ | 顔 »

2008年1月 2日 (水)

坦坦麺

おせち料理も四食すれば飽きるねぇ。元旦の昼から今日の昼まで、残り物の処理班的でもあります。てな訳で、夜は中華飯店、しかも九州一の繁華街である天神に妻と二人で繰出しました。

F1000003 コース料理もやっている店でしたが、それは食後の支払いでちょっと懐が寒くなりそうなので、単品にしました。まあ、それでも安くないけどね。ここは北京と四川の料理をやっていて、私は辛いものが好きなので四川はぴったんこ。坦坦麺を注文しました。

もちもち麺とひき肉の味、それにナッツと思われる歯ごたえ感が唐辛子の辛さをまとって口の中に広がりました。まいう~~~!

食後のドライブで太宰府天満宮に向かいましたが、途中で断念。時刻は20時をちょっと過ぎたくらいでしたが、渋滞で車がまったく進みません。やむなくUターンし、帰宅しました。

|

« Welcome 2008 | トップページ | 顔 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

坦々麺、何年食べてないだろ?
太宰府天満宮は受験シーズン前だと特に混むだろうね?
地元の人は大変だわ~。
こちらだと海岸線沿いってとこかな?

投稿: ちえ | 2008年1月 3日 (木) 19:54

太宰府天満宮は今の時期が最も混みます。初詣が最も多く、受験祈願をあわせてやってくる人たちも多いのです。
海岸線沿いは夏の混雑かな?

投稿: kana | 2008年1月 4日 (金) 05:38

そっか~。
私もいつか行ってみたいね~。大宰府♪
そうそう、海沿いの道路は、眺めのいいレストランとかサーフィンが目的で、冬でも土日は混んでるよ~。
ヽ( ´ー`)ノ

投稿: ちえ | 2008年1月 5日 (土) 06:55

あ、テンプレ!このほうが明るくていいね!
新年らしいよ。

投稿: ちえ | 2008年1月 5日 (土) 06:56

太宰府天満宮といえば、さだまさしの「飛梅」!
違ったっけ?? 違ってないよね??

中国では、三大辛い料理地方を表して

四川人不怕辣,
貴州人辣不怕,
湖南人怕不辣。

と言うそうです。
怕=怖い、辣=辛いで、全体の意味は、

四川人は辛いのを恐れない,
貴州人は辛いの全然平気,
湖南人は辛くないのを恐れる。

辛いの大好きなkanaさん、中国旅行は是非湖南省へどうぞ。

私は何年か前に10日くらい滞在しましたが、
そのあと上海に行ったら、あっさりした上海の料理では全然ものたりない!
たった10日で「怕不辣」になってしまっていたのでした。

投稿: みみ | 2008年1月 5日 (土) 09:28

>>ちえさん
前回のテンプレートは寒々としていたから、ちょっと明るくて品のありそうなものに変えてみました。褒めていただいて恐縮です。

>>みみさん
飛梅で正解です。福岡で開催された国体は愛称を「とびうめ国体」といっていました。このブログの右側の上のほうに「太宰府天満宮観梅」というフォトアルバムを表示しました。これは数年前に公開していたものです。このなかのDscf0181~0182が飛梅です。

湖南省が一番辛いということですね。とても興味あります。好吃になるかなぁ、それとも很好吃かねぇ。この情報、非常感謝!

投稿: kana | 2008年1月 5日 (土) 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7499/9688705

この記事へのトラックバック一覧です: 坦坦麺:

« Welcome 2008 | トップページ | 顔 »