« 早朝ウォーキング(19) | トップページ | 早朝ウォーキング(20) »

2008年8月12日 (火)

鳥取砂丘 馬の背

Umanose1 2004年05月に鳥取砂丘へドライブに行ったときの写真。ここに来たのは2度目。最初は大学生の時で、この雄大さに感動したのを覚えてる。

2度目のこの時はそうでもなく、ただ上の写真の大きな丘を「馬の背」というのが初耳で、横から見た形が馬の胴体部分だからそう呼ぶのだと思ってました。小さいのがいっぱい歩いているけれど人です。蟻ではありません。

Umanose2 ところが、このブログで雨が降る境目を「馬の背中」という言葉を教わり、的を得た言葉だなぁと思っていて、ちょっと気になってこの砂丘のアルバムをながめていたとき、ばっちりのシーンが写っていました。向かって右側が日本海。この稜線の部分が馬の背を二分しているのが分かります。上の写真の丘の部分を右横から撮影したものです。

Umanose3 4枚の写真を画像編集ソフトでつなぎ、ワイド写真にしてみました。

|

« 早朝ウォーキング(19) | トップページ | 早朝ウォーキング(20) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

よく見つけましたね~camera

馬の背中の話題でブログ書くならこういう写真にしなくっちゃね。
ほんとの馬horseの写真を張りつけた私って・・・(笑)

投稿: キウイ | 2008年8月12日 (火) 21:41

いやいや、本当は本物の馬の写真を載せたかったのですが、馬の写真を持っていないのです。
私が小学生の頃は馬が荷馬車を引いて道路をパッカ、パッカとおじさんに引かれていました。のどかだった。だからアスファルトの道路にも馬の糞が・・・

投稿: kana | 2008年8月13日 (水) 06:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝ウォーキング(19) | トップページ | 早朝ウォーキング(20) »