« ETCの取り付けミス | トップページ | 椅子の修理 »

2009年4月29日 (水)

体罰

昨日のニュースで最高裁の判断にスカッとしました。

小学生の教諭が体罰で1審、2審は有罪、最高裁で無罪となったのですが、児童が教諭のおしりを足蹴りにして逃げたため、教諭がその児童を捕まえ、胸倉をつかみ短時間の説教をしたというもの。それを母親が体罰として訴えました。

小さな子供はまだまだ言葉だけでは理解できない場合があるので、多少の「恐怖心」をあたえることで「こんなことをしてはいけない」と思わせるしかないと私は思います。

20歳を越えた法的にも立派な大人でも言葉で言っても善悪が理解できない者がいるしね。

児童虐待は体罰を超えた暴力行為ですから許せませんが、体罰という愛の鞭は必要です。

|

« ETCの取り付けミス | トップページ | 椅子の修理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もスカッとしました。
先生を蹴った子供に対して きつく起こるのは当たり前。 子供がやったことを棚に上げて 反対に訴えたりする親。。。 どうしたもんでしょう。

イギリスや 海外は体罰に反対の人が多いです。
先生は 問題のある生徒(暴力的な子供も含む)に
触れることも出来ません。 
ほんと。 どこか 間違ってますね。

私のいとこが駐在でイギリスに住んでいた20年以上前の時のことです。 レストランで食事をしていたとき 8歳くらいだった娘さんが何か悪いことをした。
親に口答えしたとか 結構悪いことだったそうです)
そこで 特に日本の感覚でも 厳しい親の中に入る いとこの奥さんが 平手打ちで娘のほっぺたをパッチーーーーン!!! 
その瞬間。 「オオオオオオーーーーーー。」という声を上げながら レストランで食事をした人が びっくりして 思わず立ち上がったらしいです。

20年以上前だったから良かったものの。 今だったら 完全逮捕です。。。

投稿: おこめ | 2009年4月29日 (水) 23:02

今の若い親の中には「先生」を「先生」と思ってない人、いますね。

私が小学校のとき、児童(主に叱られるのはたいてい男子)が悪さをすると「ビンタ」とか「教室の後ろで正座」とか普通でした。

私が「こりゃあ、ちょっと先生ひどいな・・・」と思ったのは机の上に正座させて後ろから、むしろを丸めたもので背中をお思いっきり叩くんです。

180センチくらいある大きな男の先生が叩くんですから子供の体格では机から落ちて鼻血を出したりします。
顔面から落ちるんですから・・・

でもどこの親も文句は言ってこなかったんだと思います。
叱られる子っていつも決まってましたから。

その話を小学生の私は家に帰って父に話したら、父は「背中はいかんなぁ。背骨の中には大事な神経なんかがあるんだからなぁ。顔面から落ちてく、っていうのもよくないなぁ。お父さんだったら立たせておいてお尻をたたくなぁ」と言ってました。

実際、弟もよくお尻をペンペン(笑)されてました。


長くなりました~、すみません^^;

投稿: キウイ | 2009年4月30日 (木) 18:14

私は 小学校のとき体育の先生にビンタをされておりました。sweat01 

キウイさんへ。
お父さん。やさしいですね。club

ほんとうに 背中をきつくたたくのはいけないらしいですよ。 

投稿: おこめ | 2009年4月30日 (木) 20:14

>>おこめさん
日本にはたくさんのモンスター・ペアレンツがいますよ。イギリスにもいるのかな。
公共の場での体罰の実行は考え物だと思います。無関係の人たちは、いやな気分になるだけのように思います。
時に、レストランでクレームを言い出す人がいて、こちらも嫌な気分。料理がとても不味くなりました。静かに他の人にはわからないようにやって欲しいものです。

投稿: kana | 2009年4月30日 (木) 22:59

>>キウイさん
ここ数年、教師は精神疾患者数が増えているそうです。子供もひどいけど、親はもっと手に負えない。日本人はどうしてこうなってしまったんでしょうか。悲しいですね。
私も自分の子にはお尻ペンペンをよくやっていました。

投稿: kana | 2009年4月30日 (木) 23:03

イギリスにもすごい人がいますよ。

あるとき子供が道のちょっとアスファルトが ぼこっとなったところで転んで骨を折った。か 捻挫をした。 親は お金をとれる!!!と 区を訴えた。
親にしたら、お金ががっぽり入ってくるはずだった。
でも 裁判で負けたら 弁護士代の何十万の支払いだけが残った。

そうしたら 親はこの町の小さな新聞社にまで話を持ち込んだ。
親の言い分は。。。
「この子はまだ 7歳なのにこんなに大金をはらわせるつもりなのですか!!!! なんてひどいはなしですか!!!」

この人たち、もし裁判に勝っていたら文句は言ってませんでしたよね。 「子供なのにこんな大金もらって
どうするんですか!!!」って。

新聞に家族全員の写真を載せて 同情をかおうとしていました。 はずかしくないのか!!!

でも。。。 こんな人たちの話にのるイギリス人が
わんさかいるんですよ。。。どうなっているんだか。

投稿: おこめ | 2009年5月 1日 (金) 02:40

>>おこめさん
紳士・淑女の国のイメージのイギリスもあまり変わりがないのですね。
でも、日本は「恥の文化」を大切にしたいものです。

投稿: 十弦 | 2009年5月 1日 (金) 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ETCの取り付けミス | トップページ | 椅子の修理 »