« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月24日 (水)

紅葉、その後

Dscf4439 23日にかまど神社に行ってきました。14日とは打って変わって、イチョウの落ち葉で見事な黄色の絨毯が敷き詰められていました。

境内のもみじも赤色に色づき見ごろを迎えています。今度の日曜の28日くらいが見納めかと思います。

Dscf4461 別の場所で、落ちたもみじの葉を採取してきました。大きな葉は木の高さも高く、色づき方も赤、オレンジ、黄色、緑とこれらがグラデーション状態。とてもキレイ。拾った葉は枯れ気味で色も濃くなっています。

小さな葉は日本庭園にあるような中程度の大きさの木についた葉が落ちたもの。モミジとカエデの違いはわかりません。雰囲気的に大きいのがカエデで小さいのがモミジのような気がします。大きい葉はカナダの国旗にデザインされている形状と似ているのでメープルの一種かも。

| | コメント (7)

2010年11月23日 (火)

てっぱん

朝の連続ドラマ、「ゲゲゲの女房」(2010年4月~9月)が面白かったので、その流れで10月から始まった「てっぱん」をみているけど、これも面白い。話の展開が速くて気持ちよいし、ヒロインの可愛くて元気いっぱいの姿が一日の始まりに元気をもらえる。涙を誘うシーンも散りばめられていて、なぜか気持ちが爽やかになる。

ちなみに尾道は私の母の生まれ故郷。だからどうした!ちょっとばかり身近に感じます。

| | コメント (2)

2010年11月21日 (日)

家電エコポイント

エコカー補助のときは、元手が大きかったため用意できず、スルーしました。家電エコポイントは12月からルールが変わり、ポイントが少なくなるので何としても活用したいとおもっていました。来年の7月には手持ちのブラウン管のアナログテレビがテレビとして役に立たなくなるので買い替えを考えていたところだったので、急ぎ液晶の薄型テレビを購入しました。

電気店では私と同じようなセコな考えをしている人が殺到し、在庫なしの状況のようで、テレビの受け取りは12月になってからです。待ち遠しいなぁ。

ちなみに今度のテレビはバックライトにLEDが使われています。省電力で長持ちだからとても経済的です。受け取るポイントはアナログテレビ下取り分を含め2万ポイント。これをある商品券に変えると、2万4千円分になり、20%お得となるのです。こちらも経済的。

| | コメント (8)

2010年11月18日 (木)

紅葉の季節

車で20分くらいに紅葉のキレイな竃(かまど)神社がある。状況確認に11月14日に行ってみたが、まだまだだった。

おととしの11月29日に行ったときはキレイだったなぁ。

201011142010/11/14
200811292008/11/28

| | コメント (6)

2010年11月14日 (日)

天領日田 千年あかり

土曜日の朝、テレビを見ていたら千年あかりの紹介をしていて、瞬間「行きたい」と思い相棒に「今日いくぞ」。でも相棒は仕事の日のため、仕事が終わる夕方に迎えに行き、そのまま目的地へ行くことに。

高速を使って40分くらいで目的地へ到着。しかし車が多く駐車場を探すのに苦労した。

Akari_soba 花月川の河川敷に竹で作ったロウソクで揺れるあかりの灯篭が敷き詰められていて、とても幻想的。

花月川以外でも小さな用水路にも工夫を凝らしたオブジェが宇宙やあの世に通じる小道を感じさせる。また神社の境内やそこへ続く道にも「あかり」のオブジェが心地よい。

その日、撮影した写真をアルバムにまとめてみました。

日田 千年あかり

同じような催し物で、大分県竹田市の「竹楽」も有名。

| | コメント (4)

2010年11月 7日 (日)

岸部眞明ライブ

6日、岸部眞明さんのアコースティックギターのライブに行ってきました。

何度聞いても素晴らしい。ステージ・トークも面白かった。

↓岸部さんの公式HP
http://www.sutv.zaq.ne.jp/ckbsr709/main.html

| | コメント (0)

通勤用自転車

Dscf4112vga 4年前から通勤を自転車にしています。この自転車の特徴として発電機がハブに組み込まれていることです。一般的な自転車の発電機と異なり、ライト点灯をしても殆ど漕ぐ力は変わらない点にあります。

無灯火自転車の原因は私が思うに、発電機が重くなることと、わざわざ発電機を倒さなければならない操作が必要なことです。

ハブ式発電機は力も要らないし、操作も不要です。暗くなったらセンサーが働きライトを自動点灯してくれます。私の車のヘッドライトは自動点灯ではありません。自転車に負けています。coldsweats01

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »