« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 飲むコラーゲンって? »

2011年1月 2日 (日)

大気圏って意外に薄い

年末の「今年の出来事」番組で、彗星イトカワから帰還したはやぶさが、大気圏突入で燃えていたのを見て、大気圏って相当厚い空気の層だと思いました。

で、どれくらいか調べてみたら、大気圏は地表から約100kmまでを言うらしいです。エベレストの高さが9km未満(8.8km)なのでエベレスト11個分の高さくらい。富士山なら26.5個。

それでもイメージが湧かないので、地球がバレーボール(直径20cm)だったらとして計算。直感で1cm位と予想してみた。

【計算】
地球の直径
 2πr = 40,000km (地球の一周はチョッキリ4万キロメートル)
 2r = 40,000/π = 12,732(km)
大気圏(atmosphere)の高さ = 100(km)
バレーボールの直径 20(cm)
大気圏相当の高さ a(cm)

20 : a = 12732 : 100
12732 x a = 20 x 100
12732a = 2000
a = 2000/12732 = 0.157 ≒ 0.16(cm) =1.6(mm)

何と!たったの1.6mmしかない。バレーボール表面の1.6mmの層が大気圏。
こんな薄い空気の層で台風などの気象があり、ジェット機も飛ぶ。
ちなみにジェット旅客機は高度10kmを巡航するので0.16mmのところを飛ぶ。なんか地表にへばりついているのと同じかも。エベレストの高さは0.14mmだからゴミがくっついている程度。

人間なんてちっぽけ。色んなことで悩んでいるのがばかばかしくも思える。(でも、本人にしてみれば重大なこと)

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 飲むコラーゲンって? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タイトル見て行って来たのかと思いました。
そんなばかな(笑)

投稿: キウイ | 2011年1月 3日 (月) 14:31

>>キウイさん
私は正月早々から空想の世界に生きています(^^;

投稿: 十弦 | 2011年1月 3日 (月) 14:56

私には 難しすぎますが、 (ロマンが。。。)

夫はこの記事を読みたいと思います。

でも 訳すのが大変すぎるので やめます。笑

投稿: おこめ | 2011年1月 5日 (水) 06:52

>>おこめさん
数式はおまけです。
地球を直径20cmのバレーボールに例えると、大気圏の厚さはたったの1.6mmしかない薄っぺらい存在。
生きてゆくのに大事なものが、これだけ?って驚きでした。
でも、天体マニアの旦那さんはこれくらいのことは常識としてご存知のはずです。

投稿: 十弦 | 2011年1月 5日 (水) 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 飲むコラーゲンって? »