« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月20日 (水)

私の誕生祝

プレゼントとケーキを持って、ママが孫を連れてきてくれました。

そして私が美味しいお好み焼き(大阪風)を焼いて皆(ママ、孫、婆)に振舞いました。

ママには大うけで、おかわりしてくれました。うれしいね!

孫が遊んでいる様子をビデオに収めました。

YOU TUBE

| | コメント (6)

2011年4月12日 (火)

孫、走る

動画再生 hashiru.wmv (224.2K)

| | コメント (4)

2011年4月11日 (月)

今年の桜

誰かさんのブログの桜の写真に触発され、市営運動公園の桜の撮影に行って来ました。孫と一緒でなく、一人ぼっちで出かけたのが残念なところです。

この公園は丘の上にあり、自宅から徒歩で30分くらい、自転車で20分。結構な上り坂なので自転車でも時間がかかります。この日は自転車で行きました。

Dscf4849svga
↑接写モード。ホワイトバランスを「曇り」にしてみたら、レトロな雰囲気。左下に写っている若い女性は、ここで花見の弁当を楽しんでいました。

Dscf4851svga
↑木の幹に咲いているやつも、しっかり撮影してきました。すでに葉が出てきています。

写真も撮り、桜も堪能し、さあ帰ろうと自転車を漕ぎ出したら何だかゴツゴツする。あれ?と後輪のタイヤをみてみたらぺちゃんこ。パンクだぁ!帰りは自転車を押しながら歩きとなり、がっかりの結末でした。

| | コメント (4)

2011年4月10日 (日)

孫が遊びに来ました

昨日の土曜日、ママといっしょに遊びにきました。

少し顔がほっそりしてきたように感じました。きっと歩けるようになって運動量が多くなったからだと思います。

歩くだけでなく、小走りに動くこともできるようになっていて、びっくり。着実に成長しているのを見て嬉しく思いました。

まねもよくします。私が手で拍手をすると同じように拍手します。そこで、椅子に腰掛け、足で拍手?拍足?をしてみました。そしたら、床に座って足をあげて足の裏を合わせるような行動をとりました。えらい!

今度の土曜日も来てくれます。多分、プレゼントを持ってくるだろうなぁ。楽しみ。

| | コメント (4)

2011年4月 3日 (日)

左胸の痛み(2月1日)の続き

左胸の痛みは治まり、代わりに左腕の上腕(二の腕)が痛くなりました。そして左腕が真上には上がるけど、前後に動かすと激痛。車の運転席でシートベルトを左手だけで引き出そうとするのはしんどい。上体を同時にひねりながらだとOK。あるいは右手でバックルを取って左手に渡すのもOK。

睡眠中も肩の痛みで目が覚めるため、昼間が眠い┐(´д`)┌ヤレヤレ

再び病院で見てもらいました。
医師「その後、どうですか?」
十弦「胸の痛みはないですが、腕と肩が痛くて・・・」
医師「どのように?」
十弦「(上記の通り説明)」
医師「(にやにやしながら)典型的な五十肩です。」
十弦「治療は?」
医師「とにかく動かすことです。痛くても動かしてください。不可逆性があるので、動かさないと動かなくなります。」

まあ、こんな状況です。最近は、身体の色んなところにガタが来ているのに実感しています。

身体が自由に動くうちに、やりたいことをやっておこう!と本気で考えるようになりました。

| | コメント (7)

疎開

孫と嫁が今週末に福岡に帰ってきます。東京が落ち着くまでしばらくこちらで生活することになります。福島第一原発の状態が不安定なので、幼児や胎児にもそのほうがよいという判断になりました。再び東京に戻るのは夏場なのですが、部屋が電力不足で蒸し風呂状態では大変なので、戻る時期はそのときに考えることにしよう。

| | コメント (6)

節電

大震災以降、コンビニや電気店では「大震災のため節電しています。ご了承・・・」という張り紙が入り口のドアや展示用のテレビに貼ってあります。

一見、素晴らしい理由に思えますが、私はそう思っていません。ここは九州で周波数も60Hzだから東京電力圏に電気を供給するには周波数変換が必要ですが、限りがあります。中部電力、北陸電力、関西電力から融通しても変換所がネックです。

節電が本気ならもっと早くからできたのに、電気料金のコスト削減が目的で大震災という大義名分で堂々とやれるようになったのではないかと、勘ぐってしまいます。

でも、結果的に節電ができているので、「火力」発電所で使用する「燃料」を東北電力や東京電力に融通することは可能です。

計画停電を回避する「節電」はピーク時が供給量以内になるよう電気の時差利用が効果的だと思います。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »