« 矢場とん | トップページ | 疎開 »

2011年4月 3日 (日)

節電

大震災以降、コンビニや電気店では「大震災のため節電しています。ご了承・・・」という張り紙が入り口のドアや展示用のテレビに貼ってあります。

一見、素晴らしい理由に思えますが、私はそう思っていません。ここは九州で周波数も60Hzだから東京電力圏に電気を供給するには周波数変換が必要ですが、限りがあります。中部電力、北陸電力、関西電力から融通しても変換所がネックです。

節電が本気ならもっと早くからできたのに、電気料金のコスト削減が目的で大震災という大義名分で堂々とやれるようになったのではないかと、勘ぐってしまいます。

でも、結果的に節電ができているので、「火力」発電所で使用する「燃料」を東北電力や東京電力に融通することは可能です。

計画停電を回避する「節電」はピーク時が供給量以内になるよう電気の時差利用が効果的だと思います。

|

« 矢場とん | トップページ | 疎開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢場とん | トップページ | 疎開 »