« 四国旅行での食事 | トップページ | 四国旅行 風景その2 »

2011年11月18日 (金)

四国旅行 風景

室戸岬の岩場に打ち寄せる波は風が強かったせいか、とても激しく、しぶきが空中を漂い、やや霧がかかったような感じでした。

02muroto 灯台のある山?丘?に上がると、遠く太平洋に雲の切れ間から光の束が海面を照らしてとても幻想的でした。

時刻は7時半ごろで、太陽はすでに昇っていたけど厚い雲で明るいとはいえなかったけど、間もなく雲は薄くなり明るくなってきました。

スカイラインという道路を北に向かって走ると、展望台を案内する道路標識があって、ここだ!と思って鋭角な道路を右折したとたん廃墟が目に飛び込んできた。昔は展望レストランだったような建物だけど、幽霊屋敷のようでもあり、妻は「早くここから離れよう。」

どこかで見たような?と思ったら、確か某ブログ(^^;に写真が掲載

01muroto そこを出てちょっと走ったところに本物の展望台がありました。風力発電の大きな羽と、左方面に土佐湾、右手には・・・何だろう?何かの灘(汗)です。海辺からすぐ切り立つような山がものすごい「自然」を感じさせます。

三菱財閥を創設した岩崎弥太郎生家を見学。もし龍馬伝であの変人的な演出がなければココには寄らなかった思う。

03ochaya 次にお茶屋餅。室戸岬に向かうときに通った道だけど、その時間は午前4時くらいだったから真っ暗で何も分からなかったけど、明るくても見落としそうな場所(笑)
ましてやトンネルから出てきて旧道を隔てた、感覚的には右後ろに存在。実は真右。あいささんに教えてもらわなかったら確実に通過していました。

古めかしい感じのお店。早速ひと包み買い求め、車中でぱくり!淡いニッキ味のする餡餅で、甘さも程よくとてもおいしい。

このあと、かつおのたたきを食べて大歩危へ出発。

|

« 四国旅行での食事 | トップページ | 四国旅行 風景その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちはぁ°。゜(# ̄ ▽. ̄#)

あ~~~お餅やさん東から走ってきたら見落としちゃいますよね~
ここのお餅は夕方には売り切れてることもあるんですよ~

あ、、、、室戸岬のレストランの廃墟実際に
見たのですね~o(>▽<)o
実際はすごくこわいでしょ~本当にお化けでも出そうな感じで、私も怖かったです~
(BLOG写真を覚えててくれてありがとう(笑)
また機会があったら高知に遊びに来てくださいね~♪
(その時はひろめで塩たたきを~~~(笑)

投稿: あいさ | 2011年11月18日 (金) 07:37

>>あいささん

この廃墟の写真、妻があまりにも嫌がるので撮らなかったのですが、撮っていたら本当に何かが写り込みそうな雰囲気ですよね。とても不気味でした。
次回、高知県に伺う時は足摺岬を目指し、ひろめで塩たたきに舌鼓を打ちたいと思います。
その時は、また新しい情報をお願いすると思いますのでよろしくね。

投稿: 十弦 | 2011年11月19日 (土) 04:44

こんなところが 残っているんですね。
日本なら すぐ取り壊すのかと思っていました。
あいささんの ブログでもチェックしました。
夜なんか、どんなにこわいんでしょう。。。。

投稿: おこめ | 2011年11月19日 (土) 07:57

>>おこめさん

見た瞬間、血圧が上昇するのと、両肩が上がるのが自覚できます(^^;
夜?絶対ムリムリ
でも、真っ暗で何も見えないかも知れません。

全景と中まで入って撮影した人もいますね。
http://nibansenji.nomaki.jp/shikoku/newmu1.html

投稿: 十弦 | 2011年11月19日 (土) 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四国旅行での食事 | トップページ | 四国旅行 風景その2 »