« 金環食の準備 | トップページ | ノートパソコン復活 »

2012年4月22日 (日)

龍門の滝保勝会さま、龍門の滝観光協会さま

由布院に行った帰りに大分県九重町の龍門の滝に寄ってみました。夏にはローカルニュースに時々出る場所です。子供たちが布やビニールをお尻に敷いてウォータースライダーのような遊びをするので有名です。 

看板を読んでいたら気になる文章を見つけました。
http://www.sg-g.jp/oc/2/ja/phd.php?ppk=2238 
(このHPの写真の下部、中央やや右の看板のことです)

Dragongatefall 「足元がすべりやすいのできおつけて下さい」

おや?「きをつけて」(気を付けて)なら理解できますが「きおつけて」とは・・・・
この場所は子供がたくさん遊びに来て、この看板をみるはず。
いいのかなぁ、こんな日本語を使ってて。

龍門の滝観光協会さま、頼みますよ~。
ちゃんとした日本語を使うよう気を付けてください。

、こんな日本語使う、龍門の滝観光協会様苦言申し上げました。

似たようなのに、「○○せざるおえない。」って堂々と意見を書く人がいるけど、これもどうしたものでしょうか。この人の言うことをどこまで信じればいいのでしょう?
それに気づいた時、注意せざるを得ないけど、私の手に負えません。(爆)

|

« 金環食の準備 | トップページ | ノートパソコン復活 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんて 盛りだくさんな旅行なんでしょうか??笑

この滝、すごいですね。 私は見た事ありませんでした。 

看板にするとき 字のチェックとかしないのでしょうかね。 不思議です。

投稿: おこめ | 2012年4月23日 (月) 06:43

>>おこめさん

文章の拙さが誤解を招いてしまいました。
この由布院は4月22日、昨日のできごとです。

岡山、倉敷は4月7日~8日のことで、これを今頃になってだらだらと書いていました。

孫が少し大きくなったら、この龍門の滝で遊ばせてみたいですね~

投稿: 十弦 | 2012年4月23日 (月) 08:50

いますいます、こういう風に使ってる大人。
旦那の友人、「○○様え」と使います。

「様」という漢字が書けるのになんで「へ」が「え」なんだろ?

パソコンでの誤変換ならまだしも手書きで^^;

大学まで出てるのに・・・(笑)

そういう私も自分で気がつかないところで間違った使い方をしてることがあるかもしれません。

投稿: キウイ | 2012年4月23日 (月) 13:40

>>キウイさん

確かに、気づかないところで私も間違いがあるかもしれません。ご主人のご友人は重症かも(^^;

私が時々悩むのは、「つ」の濁点か「す」の濁点かですね。例えば「飯塚」。これは元が「つか」だから「いいづか」ですが、たまにわからないものもあります。「地面」は「じめん」か「ぢめん」か。おっとこれは「し」と「ち」でした。ま~いい加減な私です。

投稿: 十弦 | 2012年4月23日 (月) 21:04

私は キーボードで日本語を打っているとき
自分が間違って日本語を覚えている事に気付くことがあります。
私の言葉を 漢字に変換してくれないときに
気付きます。
何々様え。。は この方の癖なのでしょうか。
昔風って 感じがしますね。

投稿: おこめ | 2012年4月24日 (火) 16:14

>>おこめさん

私も間違って使っている日本に気づかされることがたまにあります。ラッキー!と思うことにしています。

多分ですが、旧仮名づかいから現代仮名づかいに変わるとき残ったのが

「何々を」、「何処何処へ」、「誰々は」の三つのような気がします。

「思へば・・」「思ふ」「今日(けふ)の天気」などは変わってしまいました。

ずっと将来には、残った三つも音に沿って変わるのかもしれません。

投稿: 十弦 | 2012年4月26日 (木) 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金環食の準備 | トップページ | ノートパソコン復活 »