« 建設工事 | トップページ | ななつ星 »

2013年10月27日 (日)

椅子の修理

購入して25年も経てば椅子も傷むものです。今回は座面の張替えにチャレンジしてみました。

Dscf8880
座面は木ねじを緩め枠から取り外し、裏返しにして白い布を外します。

Dscf8883
座面を覆う布はホチキスの針のようなもので板に取り付けてあり、その針をすべて外します。かなり力のいる作業です。100本近い針が打ち込まれていました。

Dscf8886
布が取れるとウレタンスポンジがクッションとして入れられていました。古いためボロボロで粉になります。

Dscf8888
座面の板を椅子の枠においてみました。

Dscf8892
板の上に新しいウレタンスポンジを接着します。

Dscf8893
座面を包むように合成皮革を取り付けます。これはタッカーという道具を使い、太いホチキスの針を打ち込みます。それをねじで取り付ければ完成です。

Dscf8894
ビフォー・アフターです。
左がアフター、右がビフォー。
古いのは布製でしかも25年分の汚れが染み付いている。
長男が3歳、次男が1歳の時に買ったから、やんちゃ坊主が二人で汚してくれた(笑)

1台やるのにとても疲れるので4台分を一週間かけました。同時に枠が緩み、グラグラしていたのも、枠を外し接着剤を流し込む修理もおこなっています。

座心地がよくなたと妻も喜んでいます。

|

« 建設工事 | トップページ | ななつ星 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

辛抱がいる仕事ですね。
奥さん孝行!

投稿: おこめ | 2013年10月27日 (日) 04:51

>>おこめさん

芯抜きは力のいる作業で、手の皮がむけてしまいました。
網戸の張替えやこの座面張替えは自分の趣味と興味でやっています。上手く行けば人様のお役に立てばと思うのですが、趣味の範囲を超えることができません。

投稿: 十弦 | 2013年10月27日 (日) 14:19

偉い!!!
名古屋に「爪の垢」送ってください(笑)

投稿: キウイ | 2013年10月27日 (日) 16:57

>>キウイさん

私のそれは吹けば飛びます。
それよりも「鷹の爪」でも煎じて飲ませてあげてください(笑)
冗談は置いといて、いろいろ挑戦していますが、詰めが甘くて仕上げに難があります。精進精進。

投稿: 十弦 | 2013年10月28日 (月) 06:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建設工事 | トップページ | ななつ星 »