« 便器そうじ | トップページ | 2014年 »

2013年12月31日 (火)

料理 チキンの狩人風煮込み

堺正章さんの番組「チューボーですよ!」でチキンの料理を紹介していて、美味しそうだったので作ってみることにしました。(2013年12月21日放送 チキンの狩人風煮込み) 大晦日はこれを晩御飯にしました。

滅多に料理はしないので、材料や調味料はわざわざ買い揃えることなく、似たように味と思えるものは家にあるもので代用しました。例えば「赤ワインビネガー」は「まろやか酢」、「ブラウンマッシュルーム」→「しめじ+ヒマラヤタケ」。それと、火事になったら大変なのでフランベはパス。従ってグラッパは用意しませんでした。

料理のレシピとにらめっこでキッチンに立ちました。鶏モモ肉を一口大に切るのも手がベトベト。でも、小麦粉をまぶすと扱い易くなるものなんですね。調味料は一応きちんと計量して使いました。でも代用品だからどうだろうね。

1. タマネギとキノコを炒め、皿に取り置く。
2. 一口大に切った鶏肉をオリーブオイルで焼く。(本当はこのあとフランベ)
3. そこに1とワイン、酢をいれアルコール飛ばす。
4. ホールトマトとブイヨン、ハーブをいれ10分間煮込む。
5. 皿に盛り付け、イタリアンパセリをふりかけて出来上がり。

Dscf9373
味のほうですが、妻は「まあまあ」と言ってくれました。

ほのかに酸味がきいて美味しかったです。鶏はもっとカリカリに焼いておくと良かったかも。

|

« 便器そうじ | トップページ | 2014年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

我が家はこういう経験がないので羨ましいです。
でももしやってもらったら、きっと後始末のほうが大変になることでしょう。
自分でやればよかった・・・と後悔することでしょう(笑)

投稿: キウイ | 2014年1月 1日 (水) 12:09

>>キウイさん

ボケ防止に料理はいいらしく、料理をやれって妻が私に時々言うのです。一理あるので頭では納得しつつも材料を買いだしに行くのが面倒で、なかなか実行に移せません。カレーを作るくらいでした。

やっぱり頭使います。材料の購入、料理の段取りなどなど。使った器や調理道具は、火を通しているちょっとした時間を使って洗って片付けてゆきます。盛りつげ後はフライパンの洗浄だけで、これもすぐやれば汚れが簡単に落ちますよね。今回は煮込み時間の10分が余裕を与えてくれました。

天ぷらやフライなど油を大量に使う料理の後片付けは想像するだけでイヤだな。

次は煮魚の料理をやってみたい。

投稿: 十弦 | 2014年1月 1日 (水) 17:38

十弦さん、 すごすぎます。 おいしそう。
それと 片づけを同時進行でやるところなんて なかなか
できませんよ。 次の魚の料理楽しみです。
もうすぐ 夜中の12時なのに お腹がすいてきました。
どうしよう。。。

キウイさん、
気持ち とても わかります。ハンナは 料理好きですが、
やってもらったあと 「やっぱり自分でやったらよかった。」って 思うことがあります。

投稿: おこめ | 2014年1月 5日 (日) 08:57

>>おこめさん

自画自賛かも知れませんが、美味しかった(^^)
レシピ通りの材料でレシピ通りの作り方をしていればもっと美味しかったんだろうなと思います。

うちの次男坊は料理は上手いのですが、作った後の台所は散々です。せっかく美味しいものを作ってくれたありがたみが半減します。だから作ってもらわないようにしています。

投稿: 十弦 | 2014年1月 6日 (月) 02:21

その気持ち わかります。 ハンナは一応料理が好きなんですが、 後が。。。 
ありがたみが 半減。。

投稿: おこめ | 2014年1月 6日 (月) 23:15

>>おこめさん

ですよね。
その次男坊、片付けられないのはそればかりではありません。部屋も散々です。性格でしょうね。

投稿: 十弦 | 2014年1月 8日 (水) 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 便器そうじ | トップページ | 2014年 »