« 小倉城 | トップページ | 竹崎カニ »

2014年3月 1日 (土)

重いガス

先日、ジェラートを買った時にもらったドライアイスを使って、シンクに二酸化炭素を溜め、ライターの火を近づけてみました。

YouTubeに動画をアップしました

見る

|

« 小倉城 | トップページ | 竹崎カニ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか不思議~。
火が離れてく?そしてまた戻ってくる?
そんな感じがしました。

投稿: キウイ | 2014年3月 1日 (土) 12:06

>>キウイさん

シンクの排水口はフライパンで塞いでいるので空気より重い二酸化炭素はシンクの底に溜まっています。
ライターに火をつけたまま二酸化炭素の中に入れると酸素がないので火は付きませんが、ライターのガスは噴出する勢いがあるから二酸化炭素の層から飛び出て酸素がある空気の層で燃えます。
火が消えている部分が二酸化炭素の層です。
面白いですよね。

投稿: 十弦 | 2014年3月 1日 (土) 21:24

十弦さんって 本当にいろんなことを知っていますね。

不思議な現象ですね。

投稿: おこめ | 2014年3月 2日 (日) 00:52

>>おこめさん

いやいや、たまたまです。
もともとはドライアイスで白い煙を出したくて、シンクの排水溝の上に置いたフライパンに入れていた水にドライアイスを入れたのです。

煙が出るのを楽しんだあと、もしかしてここにCO2がたまっているかも!と思ってやってみました。

投稿: 十弦 | 2014年3月 2日 (日) 07:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小倉城 | トップページ | 竹崎カニ »