« 不思議な雲 | トップページ | 家電製品崩壊 »

2015年5月15日 (金)

危機一髪

5月10日を中心としたドライブ旅行中のこと。

車が少なくセンターラインも白の破線だから追い越し可能な道でのできごと。

これから約200メートル先が右カーブでその先は建物などで見えない場所を走っていたら、突然正面からトラックが2台並んでこっちへ向かってきた。私の真正面のトラックは遅いトラックを追い越し中。

私は慌ててブレーキをかけ、事なきを得た。すれ違いざまに「ごめん」のつもりか、手で拝む動作をした追い越しのトラック運転手は若い男性だった。

このトラックドライバーは左カーブで先が見えない状態と、カーブの外側を走るので内側より余計に走らなければならない状態で追い越しをかけたわけで、まったく無知で自己中心的。

タイミングがずれていたら正面衝突で夫婦揃ってあの世行きだった。

人は思わぬときに死ぬことがあると痛感したできごとでした。

|

« 不思議な雲 | トップページ | 家電製品崩壊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ごめん」じゃ済みませんよねっannoy
孫の成長を見なきゃいけないのでおちおち死んでなんかいられるもんかっ(ってね 笑)

投稿: キウイ | 2015年5月15日 (金) 14:00

>>キウイさん

そのままぶつかっていれば、「ごめん」の様子はすぐに記憶から消えたでしょう。

そうですよ!孫の成長をみるのが楽しみなのですからね。

投稿: 十弦 | 2015年5月16日 (土) 05:25

あ。。あぶない。
どきどきしますよね。

何事もなくてほんとうによかった。
本当に 事故っていつ起きても不思議じゃないですね。

投稿: おこめ | 2015年5月16日 (土) 22:36

>>おこめさん

何もなくてよかったと本当に思います。

津波、御嶽山のような噴火・噴石、雲仙普賢岳の火砕流、交通事故、通り魔、テロなど瞬く間に人の命がなくなる。
長い期間苦しまないだけでも幸せなのだろうか・・・

投稿: 十弦 | 2015年5月17日 (日) 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議な雲 | トップページ | 家電製品崩壊 »